〜全曲リオデジャネイロレコーディング、
ジョルジーニョ ド パンデイロ、クリストヴァン バストスを始め
豪華な参加ミュージシャンを迎えての
全曲犬塚オリジナルのサードアルバム。〜


■タイトル    :Heartbeat 〈ハートビート〉
■アーティスト名 :犬塚彩子 (いぬづか さえこ)
■発売日     :2006年9月19日
■発売元     :ジパングプロダクツ株式会社
■価格      :2、000円(税込み)
■品番      :ZIP-0023
1. ツキノコグマ ・・・4:08 (作詞・曲:犬塚彩子)
2. Moonlight・・・2:19(作詞・曲:犬塚彩子)
3. 旅立ち・・・4:39 (作詞・曲:犬塚彩子)
4. 暮れる日・・・3:02 (作詞・曲:犬塚彩子)
5. 僕の太陽・・・2:59 (作詞・曲:犬塚彩子)
6. ふたりの夜・・・3:47(作詞・曲:犬塚彩子)
7.Heartbeat・・・3:56 (作詞・曲:犬塚彩子)

ギター&ボーカル、作曲、作詞。
愛知県岡崎市出身。 クラシック、マンボ、タンゴ好きな父親の影響を受け、物心ついた時にはオルガンが家にあり、幼少の頃から音楽に親しむ。
小学校に上がる頃からオルガン教室に通い、教室卒業後はエレクトーンに転向。小学生時代はトランペット鼓隊部に入り、小太鼓に憧れて練習に励むが、中太 鼓を担当している時に、<管楽器のメンバーが足りない>という理由からトランペットに、その後トロンボーン、ユーフォニウム、アルトホルン、と次々足りな い楽器にまわされる。
ファッションの学校を卒業してから独学で歌い始め、自分に合う演奏スタイルを探し、ソウルからブルース、ジャズ、そしてボサノヴァへ辿り着く。

CD
2001年 7月 1st アルバム<たぶん、だいじょうぶ>リリース。
2002年 7月 ユニヴァーサルミュージックより発売のコンピレイションアルバム<Sala da Bossa>に、オリジナルCDタイトル曲<たぶん、だいじょうぶ>が収録される。
2003年 4月 2nd アルバム<ゆくえ>リリース。
2004年10月 ハピネスレコードより発売のコンピレイションアルバム<TOKYO BOSSA NOVA〜outono〜>に、オリジナル新曲<ひかりのもとへ>が収録される。

2003年 9月 CDのジャケットイラスト&デザインを担当:田中真由子氏とのコラボレイション歌絵本<Utaehon>を発売。(=田中真由子氏のステキなイラストがたくさん掲載された、犬塚彩子の楽しいオリジナル楽譜集です。)

参加ミュージシャン
ジョルジーニョ ド パンデイロ (pandeiro)
クリストヴァン バストス (piano)
ジョルジ エルダー (Acoustic Bass)
ホジェリーオ ソウザ (guitar)
ホドリゴ レッサ (bandolin)


プロデューサー

バークリー音楽大学(ボストン)、ロンドン王立音楽院で学んだ後、ブラジル国立マルセイロ音楽院に入学。ブラジル民族音楽の研究に取り組むかたわら、サンパウロやリオ・デ・ジャネイロでライブ活動、テレビ・ラジオ出演を果たし、エポカ・ジ・オウロら著名なアーティストと共演。
1985年帰国。日本で音楽活動を開始。
1987年サンバグループ"Xacara"を結成。ソニーレコードより"ナトゥレーザ","ヘシーフェの風"の2枚のアルバムを、プレミアレコードからも2枚のアルバムをリリースし、数々のテレビ・ラジオに出演。
坂本龍一、小室哲也、ピエール・バルー、南佳孝、THE BOOMなどのCDに参加している他、メルシャンワイン・クリープ・丸井など多くのCM制作にたずさわっている。
ラジオのパーソナリティーとしての人気も高く、FM石川・レディオ湘南・FMむさしのなどでブラジル音楽の番組を担当する。
中でもFMいしかわで制作した番組"Boa Viagem"(ポルトガル語で「よい旅行を!」の意)は、音楽でブラジルを旅するという番組で、"サンバ特集"および"ショーロ特集"の放送は民放連の最優秀番組に選ばれている。

★犬塚彩子オフィシャルホームページ
 

←ジパングレーベル一覧に戻る

Copyright ©2002-2005 Zipangu Products Co.,Ltd.
サイト内の全てのデータについて、無断利用を禁じます。